シェアリングエコノミー・ニュースリリースまとめサイト

シェアリングエコノミーに関するニュースリリースをお届けします。

三井住友海上火災保険株式会社

スマートフォンご利用者向け新サービス「スマ保」について

投稿日:2012年5月1日 更新日:

三井住友海上火災保険株式会社(社長:柄澤 康喜)は、2012年8月から、スマートフォンを利用した新サービス「スマ保」の提供を開始します。

「スマ保」は、「保険をてのひらに。」をコンセプトとして、自動車保険の「ご契約の管理」、「緊急時 ナビゲート」、「事故に対する備え」のサービスを提供する当社独自のアプリです。当社のご契約者はもちろん、ご契約者以外の方でも、ご利用いただくことが可能です。

「スマ保」の「運転診断機能」は、利用された方の運転傾向を分かりやすく分析・診断するほか、事故等の衝撃を感知し、前後の画像を自動的に録画するものであり、お客さまの安全運転や事故防止にお役立ていただけます。なお、スマートフォンの録画機能を活用したドライブレコーダー機能のサービスは、損害保険会社として初めての導入となります。

当社では、今後、「スマ保」のサービスメニューを充実させるほか、自動車保険以外の種目への拡大を行うなど、さらなるお客さま向けサービスの拡充による利便性の向上に努めるとともに、事故防止活動を推進していきます。(※)「スマ保」は当社の登録商標です。

http://www.ms-ins.com/news/fy2012/news_0501_1.html

-三井住友海上火災保険株式会社
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

スマートフォン向けアプリ「スマ保」の新サービス開始について

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:柄澤 康喜)は、2013年8月から、スマートフォンアプリ「スマ保※」の第2弾として、新サービスの提供を開始します。 「 …

~業界初、危険品の国際海上輸送における賠償リスクを補償~ 「危険品輸送賠償責任保険」の販売開始について

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:柄澤 康喜)は、今般、 危険品の国際海上輸送における荷送人の賠償リスクを総合的に補償する「危険品輸送賠償責任保険」を開発し、本 …

スマートフォン向けアプリ「スマ保」の法人向けサービス開始について

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:柄澤 康喜)は、2013年10月から、企業のお客さまを対象に、スマートフォン向けアプリ「スマ保※」を活用した自動車事故 …

中堅・中小企業向け「ビジネスマッチング」支援サービスを開始

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:柄澤 康喜)は、本日から、中堅・中小企業のお客さまを対象に、企業間の取引を支援する「ビジネスマッチング」支援サービスを …

協会会員向け”サイバー保険”、8月から販売開始へ

一般社団法人シェアリングエコノミー協会(代表理事:上田 祐司、重松 大輔、以下「当協会」)と当協会賛助会員でMS&ADインシュアランスグループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:原 典之)は2016 …

カテゴリー