シェアリングエコノミー・ニュースリリースまとめサイト

シェアリングエコノミーに関するニュースリリースをお届けします。

三井住友海上火災保険株式会社

~業界初、危険品の国際海上輸送における賠償リスクを補償~ 「危険品輸送賠償責任保険」の販売開始について

投稿日:2016年3月7日 更新日:

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:柄澤 康喜)は、今般、 危険品の国際海上輸送における荷送人の賠償リスクを総合的に補償する「危険品輸送賠償責任保険」を開発し、本日から、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(社長:鈴木 久仁)と共同で販売を開始します。 2015年8月に発生した中国・天津港での爆発事故を契機に、引火性・爆発性のある危険品の輸送お よび保管リスクに対する関心が高まっています。加えて、今後予定されている商法改正等により、荷送人は運送人に対して、「輸送する貨物が危険品であること」などを通知する義務を負うことが明確化される見通しであり、適切な通知を行わなかった場合、高額な賠償請求を受ける可能性もあります。そこで、化学 品メーカーや商社等のお客さまを対象に、荷送人の賠償リスクを広範にカバーする新商品を開発しました。 三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保は、今後も、多様化するお客さまニーズに応える商品・サー ビスを提供していきます。

http://www.ms-ins.com/news/fy2015/pdf/0307_1.pdf

-三井住友海上火災保険株式会社
-, , ,

執筆者:

関連記事

~手続きの簡便さと手頃な保険料が人気~ インターネット専用保険「@シリーズ」が累計300万件を突破

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:柄澤 康喜)では、2 006年に販売を開始したインターネット専用保険「@シリーズ」の契約件数が、累計で300万件(※) を突破 …

本店移転のお知らせ

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:柄澤 康喜)は、2013年10月1日付で、本店を三井住友海上駿河台ビルに移転し、中央区新川と千代田区神田駿河台に分かれ …

アクサCS社との戦略的提携について

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:柄澤 康喜)は、今般、フランス最大の保険グループであるアクサの大企業専門保険会社、アクサコーポレートソリューションズ社 …

スマートフォン向けアプリ「スマ保」の新サービス開始について

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:柄澤 康喜)は、 10月から、スマートフォン向けアプリ「スマ保(※1)」の第3弾として、新サービスの提供を開始します。 「スマ …

長期自動車保険「ニューロング」を発売します

三井住友海上火災保険株式会社(社長 柄澤 康喜)は、10月1日始期契約から、長期自動車保険の新商品「ニューロング」を発売します。 「ニューロング」は、1年契約と同様、前年の事故の有無に応じて翌年の保険 …

カテゴリー