シェアリングエコノミー・ニュースリリースまとめサイト

シェアリングエコノミーに関するニュースリリースをお届けします。

ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社

クレジットカード情報非保持化の対応コストを大幅削減する 「永久トークン非保持化サービス」の提供について ~電話・はがきで受注している通販事業者さまの課題を解決!~

投稿日:2017年12月18日 更新日:

ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社(以下「SBPS」)は、「オンライン決済ASP」のオプションサービスとして、クレジットカード番号のトークナイゼーション※1と専用タブレット端末※2を併用した「永久トークン非保持化サービス」(特許出願中)を2018年3月から提供開始します。

「永久トークン非保持化サービス」は、電話やはがき、FAXなどで受注している通販事業者さま向けにSBPSが独自に開発し、専用タブレット端末と「永久トークン」機能をパッケージ化したソリューションとして提供します。「永久トークン非保持化サービス」は、コールセンターのオペレーターが専用タブレット端末に入力したクレジットカード情報を乱数で生成する別の文字列に置き換えた「永久トークン」を利用し、クレジットカード番号として存在しない文字列を使って決済を行うため、クレジットカード情報の非保持化が実現できます。また「永久トークン」はクレジットカード番号と同じ桁数なので、事業者さまの受注システムをそのまま利用する※3ことが可能です。さらに「永久トークン」を用いて継続的なお支払いにも対応できるので、定期購入や会員費、家賃、保険など、さまざまなサービスで利用が可能です。

https://www.sbpayment.jp/news/press/2017/20171218_000460/

-ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社

執筆者:

カテゴリー