シェアリングエコノミー・ニュースリリースまとめサイト

シェアリングエコノミーに関するニュースリリースをお届けします。

スターティアホールディングス株式会社

【スターティアレイズ】ファイル暗号化サービスを提供するDataClasysと業務提携。

投稿日:

スターティアホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表:本郷秀之、コード:3393)は、クラウドストレージサービス「セキュアSAMBA」を提供する、子会社スターティアレイズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表:古川征且)が、ファイル暗号化サービスを提供する株式会社DataClasys(本社:東京都千代田区、代表:曽我祐二郎、以下DataClasys社)と製品の販売に関する契約を締結し、業務提携したことを発表いたします。個人情報保護法の制度改正大綱ではデータ暗号化やデータ利便性についての記載が増え、市場でのニーズが高まっていることを受け、暗号化・DRMで高い実績を持つDataClasys社との提携に至りました。

DataClasys社は今回の業務提携により、自社開発の暗号化・DRM製品「DataClasys(以下データクレシス)」と「セキュアSAMBA」を連携させ、テレワーク(モバイルワークや在宅勤務)におけるファイル共有の情報漏洩対策として、販売する事が可能となります。提供開始時の連携では「データクレシス」はオンプレミス提供となりますが、将来的に「セキュアSAMBA」と連携した「データクレシス」をクラウド環境にて提供が可能です。また、スターティアレイズとしては、通信時の暗号化だけではなく、「セキュアSAMBA」に保管されているファイルそのものも暗号化されることとなり、ファイルの常時暗号化やヒューマンエラーによる情報漏洩を気にする企業に向けての提案が可能となります。(※サービスの利用には別途お申込が必要。)

https://www.startiaholdings.com/media/press-release/a261

-スターティアホールディングス株式会社
-

執筆者:

カテゴリー