シェアリングエコノミー・ニュースリリースまとめサイト

シェアリングエコノミーに関するニュースリリースをお届けします。

株式会社情報通信総合研究所

2020年度 シェアリングエコノミー関連調査「SDGsへの貢献」「幸福度」「社会とのつながり」 を発表

投稿日:2020年1月16日 更新日:

一般社団法人シェアリングエコノミー協会(代表理事:上田 祐司、重松 大輔、以下「シェアリングエコノミー協会」)は、株式会社情報通信総合研究所(代表取締役社長:大平弘(以下「ICR」)と共同で、日本のシェアリングサービスに関する調査を実施しました。(*1)

本調査により、シェアリングエコノミーのSDGsへの貢献効果が実証されました。

合わせてシェアリングエコノミー利用者の「幸福度」と「社会とのつながり」について調べたところ、コロナ禍後においても、前回調査(*2)と同様にシェアリングエコノミー利用者の方が非利用者よりも幸福度が高く、社会とのつながりが強いことが分かりました。

https://sharing-economy.jp/ja/news/20201116

-株式会社情報通信総合研究所
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

観光×ICT NTTグループが人材育成で寄附講座を実施

株式会社情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大平 弘)は2019年2月12日〜15日の4日間、NTTグループにおける取り組みのひとつとして、琉球大学国際地域創造学部(沖縄県中頭郡西 …

ICT利活用による働き方改革で3割の企業の生産性が向上 〜従業員と企業のWin-Winの関係構築が重要〜

(株)情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大平 弘)は、情報通信技術(以下、ICT)を活用することによって生み出されている多面的な価値を明らかにするため、アンケート調査を元にした推 …

no image

2021年シェアリングエコノミー調査報告書・データ集 個人のライフスタイルの変化に応じて シェアリングエコノミーは より大きく発展!

本報告書・データ集は、シェアリングエコノミーの市場規模や利用者に与える効果等について、大規模なWebアンケートに基づいた分析結果をまとめたものです。 弊社と一般社団法人シェアリングエコノミー協会の共同 …

ICT 利活用による働き方改革でホワイトカラーの労働時間を月間21時間削減可能に 〜ICT 利活用による労働時間削減には制度改革や社内の雰囲気づくりが重要〜

(株)情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大平 弘)は、情報通信技術(以下、ICT)を活用することによって生み出されている多面的な価値を明らかにするため、アンケート調査を元にした推 …

シェアリングエコノミー経済規模は 過去最高 1兆8,000億円超え、30年には11兆円と予測 生活の充実度や幸福度向上にも寄与

一般社団法人シェアリングエコノミー協会(代表理事:上田 祐司、重松 大輔、以下「シェ アリングエコノミー協会」)は、株式会社情報通信総合研究所(ICR)と共同で、日本のシェ アリングサービスに関する市 …

カテゴリー