シェアリングエコノミー・ニュースリリースまとめサイト

シェアリングエコノミーに関するニュースリリースをお届けします。

新着情報 株式会社ホンダアクセス

「延長保証マモル」に長期コースを導入 ~新車購入時から3回目車検まで保証を延長~

投稿日:2020年4月1日 更新日:

 Hondaは、「延長保証マモル」に、乗用車は7年、軽貨物車は6年まで保証を延長する「長期コース」を本日より導入します。

初度登録日から7年まで延長

※乗用車の場合

 延長保証マモルは、メーカー保証が終了した後も同程度の保証を、初度登録日から、乗用車は5年、軽貨物車は4年まで延長するサービスで、2001年のサービス開始以降、多くの方に加入いただいています。

 車の故障発生率と修理単価は、5年目までと比較して、6年目以降上昇する傾向※1があり、使用期間が長くなるほど車の故障・修理に関するリスクは増加します。また、車の買い替え年数は、性能向上などを背景に年々伸びており、Hondaが実施した調査※2においては、約6割の方が、次回新車を購入する場合は6年以上保有したいと回答しました。

 このような背景を踏まえて、3回目車検まで保証を延長する新コースを設定しました。新車購入時の加入とすることで、お手頃な料金で長期保証を提供し、長期保有を希望される方も安心して車に乗っていただくことが可能となります。

 Hondaは今後も、Honda Cars(ホンダカーズ)での先進メンテナンスに加え、定期点検パック「まかせチャオ」や純正交換部品など、充実したアフターサービスメニューの提供を通じて、お客様の安心・快適なカーライフをサポートしてまいります。

https://www.honda.co.jp/news/2020/c200401.html

-新着情報, 株式会社ホンダアクセス
-

執筆者:

関連記事

一般社団法人シェアリングエコノミー協会入会ならびに幹事就任のお知らせ

株式会社ビザスク(本社:東京都目黒区、代表取締役CEO:端羽英子、以下当社)は、2019年8月1日付けで、一般社団法人 シェアリングエコノミー協会(以下、シェアリングエコノミー協会)に入会し、同時に協 …

古河市、茨城県古民家再生協会、ホームアウェイ、楽天LIFULL STAY の4者で「古河市における歴史的建築物活用に関する協力協定」を締結 ~古民家の活用を促進し、観光産業を活性化~

茨城県古河市(市長:針谷 力、以下「古河市」)、一般社団法人茨城県古民家再生協会(所在地:茨城県古河市、代表理事:山中 美登樹、以下「茨城県古民家再生協会」)、世界最大級のバケーションレンタルサイトの …

第28回地球環境大賞の「大賞」を受賞

「DNP多機能断熱ボックス」が高い断熱性と輸送効率の両立による環境負荷の削減で評価 大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義斉 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、電源を必要とせずに定温での …

静岡県と包括連携協定を締結

第一生命保険株式会社(社長:稲垣 精二、以下「当社」)は、2019 年3月6日、静岡県(知事:川勝 平太)と、地 域社会の発展と県民サービスの更なる向上を目的として包括連携協定を締結しました。 当社は …

シングルファミリーを応援する 「ハートフルファミリー」とコラボレーション開始

子供の送迎や託児を顔見知り同士で共助する仕組み「子育てシェア」を運営する株式会社AsMama(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:甲田恵子、以下、「当社」)は、シングルファミリーが自立し、親子の絆を …

カテゴリー