シェアリングエコノミー・ニュースリリースまとめサイト

シェアリングエコノミーに関するニュースリリースをお届けします。

アマゾンジャパン合同会社 新着情報

Amazon、AIを活用した「ディスタンス・アシスタント」を日本の物流拠点に配備

投稿日:2021年2月21日 更新日:

コロナ対策を強化、技術のオープンソース化で他社利用も促進

Amazon(所在地:東京都目黒区)は、「ディスタンス・アシスタント」の技術を日本の物流拠点、フルフィルメントセンター(FC)と配送拠点、デリバリーステーション(DS) に導入しました。「ディスタンス・アシスタント」は既に米国、インド、ヨーロッパのAmazonの施設で展開しています。人工知能を搭載したこの革新的な技術は、リアルタイムで人と人との距離が確保できているかを表示し、現場で働くスタッフが2メートル以上のソーシャルディスタンスを確保できているか、自ら確認するのに役立ちます。新型コロナウィルス感染症が拡大する中、FCやDSなどたくさんのスタッフが働く現場で、感染症予防対策としてソーシャルディスタンスを確保することが重要となります。この技術は、Amazonで働くスタッフの就業中の健康と安全を確保するためのさらなる施策となります。

「ディスタンス・アシスタント」は、人工知能、拡張現実、機械学習を活用し、カメラに映る個人の動きを追跡し、周囲の人との物理的な距離を測定します。このスタンドアローン型ユニットは、機械学習モデルを使用して、周囲の環境と人を区別します。深度センサーと組み合わせることで、アルゴリズムが人と人との正確な距離を測定し、モニター上にアラートを表示します。

Amazonは、「ディスタンス・アシスタント」をFCとDSの人が集まりやすいエリアに設置しています。カメラの前を人が通ると、モニターにはライブ映像が表示され、他の人が2メートル以内にいるかどうかをモニターの画面に表示されるインジケーター(円)で知らせ、周囲の人と適切な距離を保つよう、働くスタッフに注意を促すように設計されています。相手から2メートル以上離れている場合は緑の円、2メートル以内の場合は黄色の円、さらに距離が近い場合は赤の円で表示されます。

https://amazon-press.jp/Top-Navi/Press-releases/Presselist/Press-release/amazon/jp/Ops/20210222_distance-assistance/20210222_Distance-Assistant-/

-アマゾンジャパン合同会社, 新着情報
-, , , ,

執筆者:

関連記事

Run & Coffee Stationをスタートします!

3月1日(木)より、Runtripでは「スターバックス コーヒー 二子玉川公園店」と共同で、Runtrip会員の方のお荷物を預かりするサービス「Run & Coffee Station」をスタ …

no image

テクノロジーの町・茨城県つくば市と連携協定を締結しました!

あのテクノロジーの町、茨城県つくば市とこゆ財団が連携協定を結びました! 農業の盛んな宮崎県新富町で、こゆ財団は2019年11月10日にスマート農業ベンチャーの集積地となる「新富アグリバレー」を開設し、 …

電通デジタル、BtoB企業のブランド力指標を基盤にした デジタルマーケティングコンサルティングサービスを開始

株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役CEO:山口 修治、以下電通デジタル)は、新しいブランド力指標に基づいたBtoB企業のデジタルマーケティングコンサルティングサービスを開始します。 h …

10月1日より「広友レンティア株式会社」の商号を「コーユーレンティア株式会社」に変更します。

10月1日より「広友レンティア株式会社」の商号を「コーユーレンティア株式会社」に変更します。 トップページ

三井住友海上文化財団による 2021年度「地域住民のためのコンサート」の開催地公募を開始

三井住友海上火災保険株式会社(社長:原 典之)の社会貢献事業のひとつである公益財団法人三井住友 海上文化財団(理事長:井口 武雄)は、2021年度の「地域住民のためのコンサート」を開催する市町 村を公 …

カテゴリー