シェアリングエコノミー・ニュースリリースまとめサイト

シェアリングエコノミーに関するニュースリリースをお届けします。

三井住友海上火災保険株式会社

【業界初】コールセンターにおける 「自動音声応答ガイダンスの見える化」サービスの提供を開始

投稿日:2018年10月16日 更新日:

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:原 典之)は、 コールセンターにおけるビジュアルIVR技術を活用した「自動音声応答ガイダンスの見える化」サービ スを開始します。

 

-三井住友海上火災保険株式会社
-, , , ,

執筆者:

関連記事

協会会員向け”サイバー保険”、8月から販売開始へ

一般社団法人シェアリングエコノミー協会(代表理事:上田 祐司、重松 大輔、以下「当協会」)と当協会賛助会員でMS&ADインシュアランスグループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:原 典之)は2016 …

アクサCS社との戦略的提携について

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:柄澤 康喜)は、今般、フランス最大の保険グループであるアクサの大企業専門保険会社、アクサコーポレートソリューションズ社 …

スマートフォンご利用者向け新サービス「スマ保」について

三井住友海上火災保険株式会社(社長:柄澤 康喜)は、2012年8月から、スマートフォンを利用した新サービス「スマ保※」の提供を開始します。 「スマ保」は、「保険をてのひらに。」をコンセプトとして、自動 …

〜安心・安全な自転車生活を支援〜 東京都の条例を踏まえた自転車事故の防止活動を開始

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:柄澤 康喜)は、7月1日の「東京都自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」の施行に合わせて、新たに、「自転車事故の …

~業界初、危険品の国際海上輸送における賠償リスクを補償~ 「危険品輸送賠償責任保険」の販売開始について

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:柄澤 康喜)は、今般、 危険品の国際海上輸送における荷送人の賠償リスクを総合的に補償する「危険品輸送賠償責任保険」を開発し、本 …

カテゴリー