シェアリングエコノミー・ニュースリリースまとめサイト

シェアリングエコノミーに関するニュースリリースをお届けします。

三井住友海上火災保険株式会社

【国内初】「牛の診療費補償サービス」を開始

投稿日:2020年4月20日 更新日:

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:原 典之、以下 「三井住友海上」)とデザミス株式会社(社長:清家 浩二、以下「デザミス」)は、今般、デザミスが 開発した牛の行動モニタリングシステム「U-motion※1」に保険を付帯した「牛の診療費補償サービス」の 提供を開始しました。 本サービスは、U-motion による牛の疾病・事故の早期発見および畜産農家の皆さまが負担する牛の診療 費の軽減を可能とし、早期かつ適切な治療を促すことで死亡率の低減を推進します。 三井住友海上とデザミスは、今後も畜産農家の課題解決に向けた新たなサービスを研究し、畜産業の 発展に貢献することで、社会との共通価値の創造に取り組んでいきます。

http://ms-ins.com/news/fy2020/pdf/0420_1.pdf

-三井住友海上火災保険株式会社
-, , , ,

執筆者:

関連記事

IT協会主催「2020年度(第21期)カスタマーサポート表彰制度」 において「特別賞(IT活用賞)」を受賞

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:原 典之)は、今般、 公益社団法人企業情報化協会(以下、IT協会)が主催する「2020年度(第21期)カスタマー サポート表彰 …

〜延べ利用者200万人突破!インターネット専用海外旅行保険〜 「ネットde保険@とらべる」のスマートフォン版を開設

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:柄澤 康喜)は、インターネット専用海外旅行保険「ネットde保険@とらべる」(正式名称:特定手続用海外旅行保険)のスマー …

大災害債「Akibare Re 2020-1」をシンガポールで発行

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:原 典之)は、今般、 国内の自然災害リスクを対象とする大災害債(以下、「キャットボンド」)「Akibare Re 2020-1 …

~業界初、危険品の国際海上輸送における賠償リスクを補償~ 「危険品輸送賠償責任保険」の販売開始について

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:柄澤 康喜)は、今般、 危険品の国際海上輸送における荷送人の賠償リスクを総合的に補償する「危険品輸送賠償責任保険」を開発し、本 …

保険データとAIを活用した個人向けローン審査モデルを開発

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(取締役社長:原 典之、 以下「三井住友海上」)とセカンドサイト株式会社(代表取締役会長:加藤 良太郎、以下「セカン ドサイト」)は、 …

カテゴリー