シェアリングエコノミー・ニュースリリースまとめサイト

シェアリングエコノミーに関するニュースリリースをお届けします。

アマゾンジャパン合同会社 新着情報

Amazon、AIを活用した「ディスタンス・アシスタント」を日本の物流拠点に配備

投稿日:2021年2月21日 更新日:

コロナ対策を強化、技術のオープンソース化で他社利用も促進

Amazon(所在地:東京都目黒区)は、「ディスタンス・アシスタント」の技術を日本の物流拠点、フルフィルメントセンター(FC)と配送拠点、デリバリーステーション(DS) に導入しました。「ディスタンス・アシスタント」は既に米国、インド、ヨーロッパのAmazonの施設で展開しています。人工知能を搭載したこの革新的な技術は、リアルタイムで人と人との距離が確保できているかを表示し、現場で働くスタッフが2メートル以上のソーシャルディスタンスを確保できているか、自ら確認するのに役立ちます。新型コロナウィルス感染症が拡大する中、FCやDSなどたくさんのスタッフが働く現場で、感染症予防対策としてソーシャルディスタンスを確保することが重要となります。この技術は、Amazonで働くスタッフの就業中の健康と安全を確保するためのさらなる施策となります。

「ディスタンス・アシスタント」は、人工知能、拡張現実、機械学習を活用し、カメラに映る個人の動きを追跡し、周囲の人との物理的な距離を測定します。このスタンドアローン型ユニットは、機械学習モデルを使用して、周囲の環境と人を区別します。深度センサーと組み合わせることで、アルゴリズムが人と人との正確な距離を測定し、モニター上にアラートを表示します。

Amazonは、「ディスタンス・アシスタント」をFCとDSの人が集まりやすいエリアに設置しています。カメラの前を人が通ると、モニターにはライブ映像が表示され、他の人が2メートル以内にいるかどうかをモニターの画面に表示されるインジケーター(円)で知らせ、周囲の人と適切な距離を保つよう、働くスタッフに注意を促すように設計されています。相手から2メートル以上離れている場合は緑の円、2メートル以内の場合は黄色の円、さらに距離が近い場合は赤の円で表示されます。

https://amazon-press.jp/Top-Navi/Press-releases/Presselist/Press-release/amazon/jp/Ops/20210222_distance-assistance/20210222_Distance-Assistant-/

-アマゾンジャパン合同会社, 新着情報
-, , , ,

執筆者:

関連記事

no image

経営課題解決に社外のパートナーをマッチング!「ビザスクpartner」を提供開始 〜プロフェッショナルがプロジェクト単位でコミットし課題解決に貢献します〜

株式会社ビザスク(以下、当社)は、国内外約13万人が登録する日本最大級のナレッジプラットフォームを運営しています。この度、豊富な業界業務の経験を有する方々の知見を企業経営に活かす新サービスとして、多様 …

no image

「マロニエゲート銀座3」オープン記念!【先着30名限定】coin space(コインスペース)2カ月無料キャンペーン開催中!

2020年6月1日(月)、coin space「マロニエゲート銀座3店」がオープンいたしました。 オープンを記念して、月額会員(全日)プランにご入会いただいた方の中から先着30名様に、2カ月分の月額料 …

no image

【石巻市長インタビュー】持続可能な社会に向けて、市民・企業と協働でつくりあげる石巻

今回の首長インタビューは、宮城県石巻市の亀山紘市長。 地方分権時代、超高齢化社会に加え、東日本大震災など、数々の変化を経験した石巻市長は、「地域自治システム」や「石巻圏域定住自立圏構想」、「SDGs未 …

【重要】弊社の取り組みに関して

いつもキッズラインをご利用いただき、ありがとうございます。キッズラインでは、安心安全にサービスをご利用いただくために様々な取り組みをしております。 安心安全対策10箇条で定めた内容を基本としながら、改 …

no image

中国太平洋保険と 「海外事業に対するリスクソリューション提供に関する包括提携」を締結

MS&ADインシュアランスグループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:原 典之)は、 戦略的提携パートナーである中国保険大手の「中国太平洋保険(集団)株式会社」(以下「太平洋保険」) と「海外事業に …

カテゴリー